木管五重奏

クニタチ・フィルハーモニカー・アンサンブルの、第五回演奏会にお邪魔しました。
仕事?
定時であがりましたよ(爆)
てか、最近ちょっと早め帰宅が多いですが…
プライベートが充実してるってことで。
その分仕事も頑張れるってもんよー!(と、勝手に決め付けてまふ)

因みに去年も聴きに行きましたー。
(去年の6月のブログを見るとちゃんと書いてある(笑))

やっぱり、木五、いーなーーーーー。
フルートも新調したいし。
他にも楽器欲しいし。



でも、何より今回聴きに行ってつくづく思ったのが。
楽しそうに吹くって凄いことだなって。
Fg.の方(2000年までN響の首席やってた霧生さん)、すっごく楽しそうに吹くんですよ。
こんな風に楽しそうに吹くって、凄いこと!
聴いてるこっちも楽しくなるし。
でも楽器吹いていると楽譜に必死で楽しそうに吹くのは難しい!

そして何よりFg.の音は最高~
過去に戻ってやり直すならば、Fg.かOb.やりたーい。
音感無いけど…orz

でも最近ちょっと頑張って音感訓練してみたり。
(因みに絶対音感は皆無。相対音感ならかろうじて。てカンジ?)
ピアノ習っているときはソルフェージュとかやったけどねー
無駄にはなってないのかなー?

私は元々楽譜を見るより音を聴いて曲に入る人なので…(言い訳)
初見が苦手。ピアノやってたころから。
目から入った情報を脳で処理して指に伝達されるまでの速度が遅いのよね。





やっぱりコレも訓練すれば何とかなるものなのかな?
[PR]

  by kyo-goku | 2007-06-04 23:30 | 音楽とか芸術とかアートとか

<< ☆バックステージと坊っちゃん☆ ゲゲゲのメイド >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE